おきにいり☆ゆみ 



タグ:春の京都旅行 ( 18 ) タグの人気記事


永観堂(禅林寺)

京都旅行のお話もこれが最終話になります。(長かった。)
最後に行ったのは、もみじで有名な永観堂です。
この日は、花粉の量がひどかったのか、私の花粉症が再発してしまい、くしゃみ連発&鼻水を垂らしながら歩き回っていました。
冗談じゃなく、へっくしょんと言ったら、漫画のように鼻から地面に鼻水がだら~~っと垂れ落ちて、びっくりしました。大人なのに鼻垂れた~~~って(;;)。。。
e0051234_328555.jpg
永観堂は、南禅寺からは歩いて5分くらいの距離です。
「秋はもみじの永観堂」と呼ばれる通り、庭園、御堂、回廊一帯がもみじに覆われています。
ガイドは「庭にいるから中みてこい」と私を一人放ってくれました。
腰痛がピークに達したらしい。。。
e0051234_242083.jpg
こちらは入ってすぐの前庭、放生池と弁天島、橋は極楽橋。
ちょうど今頃は桜が満開でしょう。
永観堂は、お庭も御堂もいくつもあって広いので、急ぎ足で見ようと思っても1時間以上かかります。
e0051234_255323.jpg
時間があればゆっくり2時間くらいかけてじっくり見てまわりたいほど、見所満載です。
御堂とお堂をつなぐ、回廊の美しさも見所の一つだと思います。
右下は、悲田梅。
e0051234_262165.jpg
こちらは、入り口を入ってすぐの釈迦堂と古方丈間の池です。
椅子があって、ゆっくり休むことも出来ます。
e0051234_265784.jpg
とりあえず阿弥陀堂を目指して進んでいきます。
阿弥陀堂。(上左)
撮影禁止のものが多いので撮影しませんでしたが、中でもここの中に安置されている、みかえり阿弥陀が印象的でした。
阿弥陀様が振り向いてる!というのが素直な感想。
そう呼ばれる由来もなんだか、じーーーいんときました。
弱者を労わる姿勢、遅れる者たちを待つ姿勢、愛や情けをかける姿勢。
水琴窟。(中左)
柄杓で水を落とすと鉄琴のような美しい水滴音が聞こえてきます。
臥龍廊。(下左)
様々な回廊の中でも美しかったこの曲線の廊下です。
龍がうねって天に昇るように見えます。
建物がひんやりしていて、おなかが冷えました。。。
e0051234_28145.jpg
水琴窟脇の美しい臥龍廊の階段をのぼり開山堂に出て、履物(スリッパ)から自分の靴に履き替えて、一旦地面におります。
少し時間も気になりましたが、せっかくなので永観堂の最高地点の多宝塔があるところまで行くことにしました。
e0051234_283248.jpg
京都市内が一望出来ます。
大文字焼きの山も正面に見えています。
もちろん「大」の字も肉眼で見えました。
e0051234_272088.jpg
釈迦堂の前にある、唐門と前庭。
当然ながら、きれいに手入れされています。
e0051234_273579.jpg
ここに座ってゆったりと瞑想したかった。
最後の寺院巡りでありながら、最後の最後で無垢な心になれました。(ガイドが一緒じゃなかったから?w)
e0051234_264486.jpg
さて、今回の京都旅行の目的だった、敬虔の気持ちを持ち、偏りの無い心を持った女性になれたかな?
う~ん、すぐには変れないから、日々意識して偏りの無い心を保てるよう、頑張ってますよん☆
日々精進!
(※仏教色強く見えるかもしれませんが、うちの母親、祖母共々、自分ちの宗派が何か知らないくらい実際の信仰心は薄いんですヨ)
これを心がけるようになってから、少しずつですが何か難にぶち当たっても穏やかな気持ちでい対応できるようになりました。
不思議☆゜・*:.。..。.:*

みなさま、長編になりましたが、お楽しみいただけましたか?☆
お付き合いありがとうございました。

おまけ
【後日談】
「にわでら」と読んでしまった仁和寺はちゃんといえるようになったけど、こないだ龍安寺のことをつい「りゅうあんじ」と話してしまい、「スザンヌか!」って言われました・゜゜・(×_×)・゜゜・。ナサケネー
[PR]
by yumis22 | 2008-04-11 15:09 | 国内旅行

南禅寺

京都のお話もあと2話となりました。
祇園(ランチ)から、方面的は銀閣寺や哲学の道方面へ足を伸ばしました。
目的地は南禅寺です。
臨済宗のお寺で、同じ宗派には建仁寺、鎌倉の建長寺、円覚寺があります。
後醍醐天皇が、京都五山の第一にしたそうで、その後足利義満が南禅寺を京都五山から外して別格ととして五山のさらに上ランク「五山之上」にしたという、すごいお寺です。
今まで行ったお寺とは違って、静かで観光客も少なめです。
e0051234_14244454.jpg
ガイド曰く、一般的なコースが清水寺や二条城だとしたら、南禅寺はそれよりワンランク上の大人のコースだとか。
イメージ通りでした。
e0051234_14253475.jpg
日本三大門の一つ、別名は天下竜門。
歌舞伎のお話の中で石川五右衛門が、「絶景かな」と言った山門です。
大きいです。
e0051234_14255998.jpg
参道には桜の木が。
南禅寺は、桜で有名なところだそうです。
あと10日もすれば、南禅寺は桜に囲まれてそれこそ絶景なんでしょうね。
e0051234_14264788.jpg
本堂です。
南禅寺には、文化財(重文)もたくさんありますが、一般公開されているものが極端に少ないです。
静かです。
e0051234_14404272.jpg
琵琶湖疏水と水路閣。
琵琶湖のお水が京都までひかれた、すごいだろ!とガイドが説明してくれました。
うん、すごいね。
この奥には、南禅寺発祥の地である南禅院があります。
本当はそこのお庭がいいんです。
有料で見られますが、今回はスキップ♪
e0051234_14405329.jpg
方丈です。(左下)
建物の入り口に狩野探幽の虎の絵が置いてあり、微妙に見えてます☆
国宝、重文わんさか。
この奥には、小堀遠州作の枯山水庭園、虎の子渡しの庭があります。
本坊では、お抹茶もいただけるそうです。
どれもこれも行きたかったけど、ガイドのテンションが低かったので(疲れたらしい)、次のお寺に向かうことにしました。
e0051234_15181192.jpg
そうそう、東京に戻ったら早速JRの駅にこのポスターが貼ってありました。
ああ、これ普段見てたけど南禅寺だったんだ~~~って思いました☆
南禅寺周辺は、湯豆腐やさんが多いです。
そういうスポット(発祥の地?)らしい。
祇園でも食べたけど、豆腐なら自分で作った豆腐のがうまい。
[PR]
by yumis22 | 2008-04-10 10:26 | 国内旅行

舞妓さんとおばんざい

知恩院の後、祇園でランチをすることになりました。
京都といえばおばんざい。
どうしても食べてみたくなりました。
e0051234_15145341.jpg
祇園の奥に入ったら、人だかりが。
どうやら舞妓さんのおっかけ軍団のようです。
舞妓さん、みた~~~い!!!
私もひっそりこっそり、おっかけ軍団の後ろについて一目見てみようと思いました。
e0051234_1515984.jpg
少ししたら舞妓さんが出てきました!
確か、お見せ出し前の挨拶だったと思います。(忘れた)
おっかけの中のおじさんの一人が説明してくれましたw
(そのおじさんは、他のところで見かけた時も知らないカップルにあれこれと説明してましたw)
その後、近所のおばんさいやでごはん。
祇園のランチでは、懐石ランチやお鍋、お肉系が多くて、よさそうなおばんざいのお店がみつかりませんでした。
e0051234_15131318.jpg
おばんざい+湯豆腐のランチにしましたが、特に感動はなし。
御弁当やさんに詰めてあるおかずだね、これ。
京都でお豆腐懐石とか食べなくてよかった。
アイスは豆乳アイス。普通。
よくみたらここは東京にも支店があるお店でした。
経験としてはよかったけど、美味しさでいけば懐石にしとけばよかったです。
結局京都では、抜群に美味しいごはんには出会えなかったなあ。
ちゃんと調べて行けばたどり着けたんでしょうけど、今回の目的はそっちより神社仏閣巡りだったので。
次回は、東京にはあまりない、純京風のお料理やさんをリサーチしてから行きたいと思いました。
[PR]
by yumis22 | 2008-04-08 14:10 | 国内旅行

八坂神社

いつも思う。
八坂神社はどうしてこんな個性的な色使いをしてるんだろう。
e0051234_1454932.jpg
京都駅からきて、一番最初に目に付く有名なお社なのに、インパクト強すぎ!
もう少し地味でもよいのでは?
いかがでしょ☆
[PR]
by yumis22 | 2008-04-07 14:57 | 国内旅行

知恩院

京都旅行2日目の話に戻ります。(やっと)
2日目は、コーヒーを飲んで11時に出発です☆
祇園から歩いていける距離にある、知恩院へ行くことにしました。
e0051234_14111334.jpg
浄土宗の総本山です。
総本山て、日本で一番えらいってことです。
知恩院といえば、法然上人です。
知恩院といえば、”浄土宗””法然上人”、この二つは、専属ガイドに念押しされました。。。
さらに、浄土宗ってのは浄土真宗の大元で、浄土宗が難しいから簡略化したのが浄土真宗なんだとさ。
e0051234_14133265.jpg
山門、御影堂ともに国宝です。
日本三大門の山門は、ガイドがめんどくさそうで(2日目ということと初日に私の荷物を持って1日歩いたから、腰痛がしていて上り下りは控えたかったらしい)省略されました。。。
e0051234_1415619.jpg
参道には、椿の花が咲いていました。
知恩院は、修学旅行できているのですが、風景には覚えがありませんでした。
鶯張りの廊下や左甚五郎の忘れ傘などを見たのですが、今回がガイドの独断でそちらより本堂や御廟や勢至堂を見て廻りました。
ゆみが、偏りのない心を持つ人になるように、ということで宗教色の強い観光になりました☆
e0051234_14163794.jpg
この日は、ちょうど春のお彼岸会でした。
たくさんの僧侶が、お彼岸のイベントをこなしていました。
そのおかげで御影堂にあがり、煌びやかな宮殿(くうでん)や荘厳を見ることが出来ました。
とても敬虔な気持ちになれました☆
偏りのない心。うむ、今の私にはそういうことが大切なのかもって。
e0051234_141719.jpg
こちらは、勢至堂。
写真の大きさで、御影堂と同じくらいに見えますが、こちらは小さめ、御影堂は本当に大きいです。さすが総本山♪
この時期は、御廟が工事中だったので、法然上人の御廟は勢至堂に移されているとのことでした。
もともと非公開のものですが。
知恩院は、精進料理や写経も出来るそうです。
次回は、そういったところも体験してみたいと思っています。
[PR]
by yumis22 | 2008-04-07 14:43 | 国内旅行

白川~先斗町

あまりに冷えたので、お宿に戻って2時間くらい温まり、先斗町へ出直すことに。
白川の御茶屋街。
日曜なので、やっていません。とても静かです。
やはり京都は、日曜は外した方がいいです。
e0051234_12205375.jpg
先斗町も半分以上お店が閉まっていて、開いているBARに入って少し飲んだら帰ることにしました。
e0051234_1221245.jpg
細長いこじんまりしたBARを見つけました。
私たち以外お客さんはいませんでした。
こちらのオーナーには申し訳ないけど、雰囲気的に激混みよりこの貸切感が心地よいお店でした。
お薦めのウイスキーをロックで2杯飲んで、帰りました。
e0051234_12215788.jpg
深夜1時。
祇園の町も静かです。
ガイドは、朝まで飲もうと張り切っていましたが、2日目の観光に差し支えるのといけないので、仮病を使ってさっくり切り上げました。
わがまま言って、ゆっくり朝10時まで寝ました。
なるともも見られて嬉しかった。
[PR]
by yumis22 | 2008-03-30 00:40 | 国内旅行

東山花灯路

清水寺から続く、花灯路を歩きました。
9時半になったら、あっさり灯りが消えるそうなので、時計を見ながら先を急ぎました。
e0051234_12141634.jpg
二寧坂、産寧坂、ねねの道。
高台寺も夜間特別拝観の期間でしたが、体力的にも時間的にも立ち寄れませんでした。
e0051234_12144378.jpg
とりあえず道なりに歩いてみました。
両側にあるお店や展示物や史跡を見ながら40~50分くらいの道のり、雰囲気があります。
雨が降らなくてよかったです。
e0051234_12155657.jpg
八坂神社。
終点です。
結構疲れました。
体も芯まで冷えました。
[PR]
by yumis22 | 2008-03-29 02:12 | 国内旅行

清水寺~春の夜間特別拝観

清水さんまでタクシーであがると、20時半過ぎているというのにすごい人手でした。
さすが、夜間特別拝観&花灯路の期間だけあり、賑わってる!
e0051234_10534739.jpg
参道を歩いていると、赤くライトアップされた仁王門が目に飛び込んできます。
さらに進んでいくと、三重塔。
木屋町の旅館の窓から見えた、青いビームも☆
感激です。
清水寺は、修学旅行できましたが昼間だったので、ライトアップされたのは初めて目にしました。
こんなにきれいなんだなぁ。
きてよかった☆゜・*:.。..。.:*
e0051234_10535916.jpg
本堂へ進みます。
薄暗いですが、それがまたわくわく感を醸し出しています。
結構若い人たちが多かったです。
卒業旅行なのかな。
清水の舞台から夜景を見てから、観音様とご対面です。
夜というシチュエーションは、妙に感動が増します☆
e0051234_11164111.jpg
詳しい説明なんて要らない気がしますね。
清水の舞台は、本当に絵になります。
携帯のナイトモードでも、これだけのものが撮影出来ました☆
この後は、東山花灯路を歩いて帰りました。
[PR]
by yumis22 | 2008-03-28 10:53 | 国内旅行

窓の外の青いビーム

京都のお話に戻ります。
初日の観光を終えて、ごはんを食べて、すっかり夜です。
e0051234_1312168.jpg
食事も終わりに近づいてきて、仲居さんが窓の外の青いビームを見せてくれました。
言われないと気づかなかった。。。
e0051234_13281796.jpg
どうやら、ビームは清水寺があるお山から出ているそうです。
清水寺はこの時期、夜間特別拝観の期間中でした。
そう、イルミネーションできれいにライトアップされているんです。
e0051234_13123758.jpg
さらに清水寺からねねにゆかりの高台寺周辺の通りが、花灯路というお祭りが開催されてるということです。
これは行くしか!(寒いけど。。。)21時半までということだったので、BARへはしご酒するのをやめ、タクシーであのビームのたもとを目指しました!
e0051234_12271610.jpg
後から気づきましたが、町にポスターで告知してありました。
京都は、ライトアップや花のイベントが四季ごとにあるんですね。
お祭りやイベントがない時期はないんじゃないかと思うくらい。
他の方のブログなどで見るところによると、四季折々にいろいろな顔がありました。
[PR]
by yumis22 | 2008-03-27 10:13 | 国内旅行

京会席

料理旅館の客室で、京の会席料理をいただくことに。
なんとも趣のあること。
○○会談とか密談とか、そんな気分です☆
e0051234_13153386.jpg
鴨川沿いにあるので、窓から鴨川が見えます。
もちろん、川の向こう側からはこの建物が見えます。
昭和初期に築造された建物で、木造3階建・総檜造りの楼閣は、風格があります。。
e0051234_12331330.jpg
お部屋も廊下も実はひんやりしています。。。
川床は、下記の時期で開設しているそうです。
皐月床 5月1日~5月31日 昼夜開設
納涼床 6月1日~8月31日 夜のみ開設
なごりの床 9月1日~9月30日 昼夜開設
e0051234_1372164.jpg
そしてこちらが運ばれてきたお料理。
仲居さんが、1皿ずつ持ってきてくれます。
お料理レベルとしては、まあまあ。
前菜には、不思議な食べ物もあって、食べられないものもありました。
東京の食のレベルが高すぎるのか、これが京都料理なのか?
おだしは京だしなので、その点は京都らしさを感じます。
京料理の雰囲気だけ味わってきました。
日本酒呑みた~~い!(呑めるようになりたい。)
[PR]
by yumis22 | 2008-03-23 22:06 | 国内旅行


2008・9月いっぱいで、ぶろぐをおひっこししました♪
カテゴリ
全体
ゆみからお知らせ
ゆみんちのキャツら
ゆみレシピ
ごはんやさん@夜
ごはんやさん@昼
ぷらっと散歩
ガーデニング
BAR
ウィンドウ&ショッピング
お料理教室
こだわりお買い物
青森野菜
フルーツ
いただきもの
郷土料理
国内旅行
青森生活&観光
ゆみおきにいりブログ
イベント
同級生チーム
およばれホームパーティ
S亭友の会
美食倶楽部
その他
タグ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧